タグ:アンチ・エージング ( 1 ) タグの人気記事   

メディカル・アンチ・エージング診療プロセス詳細   

■ リフティング
老化した皮膚の場合、弾力が落ちます。肌の弾力が減少する原因はさまざまですが、微細な電流を利用して弾力繊維、皮下筋肉を刺激するリフティングによって弾力を戻します。

■ レーザ・トーニング (Laser Toning)
老化皮膚の特徴である乾燥肌は、シワをもたらし、また粗肌にするなど様々な美容トラブルの元になります。したがって、老化皮膚のためのアンチ・エージング・ケアは保湿が何よりも重要です。よって保湿による、美容管理プログラムがかならず含まれます。

■ ホワイトニング管理
皮膚が老化しながら色素沈着を伴う場合も多いです。原因に対する治療が必要ですが、程度がまだ軽い場合はアンチ・エージング・ケアーでも効果があります。
 

【診療プロセス】

1.クレンジング段階
クレンジングは皮膚の老廃物や汚染物質、化粧品を除去する役割を果たします。また炎症などを抑制し、病因菌を減少させて痛みなどを緩和する効果もあります。

- 一般クレンジング: アイ・メークアップ・リムーバーやクレンジャを使用します。この際スチーム・
  タオルや水蒸気を当てますと皮膚の角質層が和らげて、皮膚の微細循環がよくなります。

- ディープ・クレンジング: 一般クレンジングでは処理できない物質や毛穴中の分泌物を除去する
  ためにディープ・クレンジングを施します。酵素やアルファ・ヒドロキ シ酸(AHA)が含まれた製品
  を用います。

2.皮膚美容治療機器の使用

- 超音波治療機器(例、スキン・マスター)

- ピーリング・モード:治療前に皮膚表面に溶解剤を噴霧したあと、機械的な振動により角質や
  汚染物質、化粧品などを除去します。

- トーニング・モード:超音波を利用して、希望する物質を皮膚内に浸透させる機能をします。

- リフティング・モード:微細電流を利用して皮膚下の筋肉を刺激し、リフティング機能をします。

- シワ治療:シワの部位に電気針を挿入して電気的刺激を与えると肌のコラーゲンと弾力繊維の
  生成を促進させます。

- イオン導入:イオン化されやすい低分子の水溶性物質浸透に利用する。ビタミンCや胎盤抽出物(プラセンタ)などを肌に浸透させる際使用する。

- 超音波導入:超音波はイオン化されにくい分子量の大きい脂溶性物質の浸透に使用する。
  ビタミンA、ハイドロクィノンやフラボノイドなどの皮膚に吸収されにくい物質を浸透させます。

- 酸素治療:高圧の酸素を利用して物理的にホワイトニング物質を皮膚に浸透させます。酸素圧を
  利用する方法は、高分子、低分子、水溶性、脂溶性、イオン、バイオンに関係なく皮膚に物質
  を浸透させられる長所があります。代表的な例はOxy-Jetです

3.肌の和みと保湿(肌の潤い)

- パック/マスク:コラーゲン・ベルベットパックなどを利用して肌に水分を供給し、潤いを保ち、
  和ませます。

- アロマ:精神的な安静効果、和み、抗炎症効果。

4.最終段階

- 保湿剤、アイクリーム、紫外線遮断剤などで仕上げます。
[PR]

by sonata2009 | 2009-08-31 18:58 | メディカル・ケア